カテゴリー別アーカイブ: 学校

小5のクラスが学級崩壊の危機!?

AD

 

小5のクラスが学級崩壊ぎみ!?

他の保護者からときどき噂を聞くので、娘に確認してみました。

どうやら、娘のクラスはやんちゃな男子が多く、

どちらかと言えば温和でマイペースそうな先生が叱っても、

効果がないそうです。

先生が怒っても怖くないそうです(;´・ω・)

授業参観の時、友達の幼稚園児の弟に「〇〇く~ん!」と

手を振ってきたり(授業中です!)

友達の父親を見つけて「うわ~!そっくり~!!」と大騒ぎしたり、

一瞬休み時間かと思ったほどでした。

授業中、私語はもちろん、友達と消しゴムを飛ばして遊んだり、

関係のない本を読んだりしている子が多いそうです。

 

崩壊の原因とされる子は中学受験組が多いそう

本を読んでいて注意される子は、娘によると崩壊原因の一人なようです。

この子は中学受験のために塾に通っており、かなり先度りしています。

ある時、授業態度について注意されたとき、

「それなら、もっと聞きたくなる楽しい授業にして」

と言ったそうです。

実際、授業に集中していない子は受験組が多く、

塾で先取りしているので、学校の授業が楽しくないから

授業を聞かずに本を読んだり、私語をしたり、遊んだりすると

娘は感じているそうです。

特に騒ぐ中心的人物が休んだ日はすごく静かだったとか。

崩壊の原因は子どもにもあるようです。

 

先生自身にも原因?

先生は子どもたちからすれば、とにかく話が長いそうです。

朝の会は、毎日百人一首大会をしているクラスがある中で、

娘のクラスは先生のお話で終わるとのことです。

授業の説明も長く、同じことを何度も繰り返す。

ポイントが分かりづらく、説明が長いので退屈してくる。

百人一首の読み手をするとき、下の句を何度も言うのでくどい。

悪いことをしてもきちんと叱らない。

学期末はお楽しみ会をするクラスが多いのに娘の先生はしてくれない。

行事などを頑張ったご褒美に宿題なし、または少しにする先生が多いのに

娘の先生はしてくれない。

・・・以上は最近聞いた娘の話です。

子どもの気持ちを引き付けるポイントを知らない?

 

批判的な保護者が多い!?

ある保護者は担任を変えてもらいたいと言ったそうです。

学校に言ったのか、自分の子どもに言ったのかは分かりませんが、

子どもたちがそのことについて「そんなことを言うとは〇の家族はやばいで!」

と噂していたそうなので、〇くんの保護者の考えである可能性は高いと思います。

授業参観で授業が分かりづらいと文句を言ってる保護者もいました。

他にも対応が遅いとか、それぞれいろいろ保護者が不満を持っているようです。

中学受験が多く、教育熱心な保護者が多いので、

学校や先生への期待も大きいのかも知れません。

 

保護者が先生を批判的みる子の態度

さきほどの「担任を変えてもらいたい」と言ったとされる保護者の

息子さんは、特に先生に反抗的だそうです。

給食を食べたくなくなるから先生は触らないでほしい

授業がつまらないからちゃんと聞かないんだ

英語の授業では「アイ ドントライク ▲▲(先生の名前)」と英作文を作る

などなど、数えきれないほどの反抗的態度を取るそうです。

 

先生との相性もあるのでは?

先生の話が長い、同じことを繰り返すのは、

全員に分かるように丁寧にしようとされているんだと思います。

一度で理解できる子には退屈でしょう。

子どもが反抗的になったり指示に従わないのは、

先生が怖くないから甘く見ているんだと思います。

諭すだけで改めてくれる子には強く叱る必要はないけど、

ガツンと言わないと聞かない子もいます。

対応が遅いのは、マイペースでおっとりした性格のようなので、

打てば響く対応が得意ではないか、遅さに気づいていないのではないかと

思います。

授業の説明が分かりにくかったり、子どもの気持ちをつかむ方法を取らないことは、

経験年数がまだ浅いということもあるので、

これから改善されていく気はします。

暴言体罰が酷いとか、人間性が悪いということもなさそうで、

私自身は充分許容範囲なのですが、

減点方式で許せない保護者が多いのも事実です。

でも、自分に合わない先生が、誰かには合う先生かも知れません(^^♪

 

公立動物園とアドベンチャーワールドは違う

公立小学校の先生に塾並みの授業を期待するのは

厳しすぎるのではないかと思います。

塾の講師は一教科のみ、一方、小学校の先生は国算理社体ほか諸々、

校外学習、クラブ、トラブル対応など本当にたくさんの仕事があります。

人数も先生1人に対して30人ほど。

そりゃ相性が合わない子もいて当然。

ボランティアで授業や校外学習に参加してみて、

先生の仕事は本当に大変だと気付きました。

先生と言えども聖人君子ではないし、失敗もするし、

すべての人の期待通りの人物ではないでしょう。

それでも、より高い質とサービスを望むなら、

理想の教育をしてくれる私立小学校を探して

そこへ行けばいいのではないかと思ってしまいます。

辛口ですが。。。(;^_^A

先生の待遇も私立のほうがいいので、

指導力のある先生を雇いやすいでしょうしね。

公立、私立それぞれメリット、デメリットがあります。

でも、公立に私立並みのことを求めるのはちょっと違和感があります・・・

公立の動物園にアドベンチャーワールドの楽しさを期待するようなもの

だと思います。

自分が良いと思える先生に出会えたらラッキー程度に考えるほうが

良い気がします。

娘の将来の夢は小学校の先生ですが、

批判的な保護者の存在や、学級崩壊ぎみのクラスをみて、

先生になっても大丈夫なんだろうかと不安そうに言ってました(;^_^A

 

人生、理想の環境ばかりではない

2年生のころ、新任でトラブル多発の先生がいました。

子どもに完璧を求めるも、思い通りにいかず、

感情的に叱りまくる感じで、

宿題は放課後遊べないほど大量にあり、

忘れ物をすると恐ろしく叱ってていたそうです。

当然、保護者の評判も悪かったです。

でも、近所のベテランママさんは違っていました。

先生に怯えるわが子に言いました。

「先生は変えられない。怒られるのが怖いなら、

怒られないようにすればいい。合わせるしかない。

中学生の部活の先輩、会社の上司もいろんな人がいる」

そこのお子さんは、時間は守り、

忘れ物をしないように寝る前と登校前にチェックし、

宿題をきちんとして、

怒られないように自己防衛するようになったそうです。

それはそれで経験値になったと思います。

親が先生を批判し、子どもの悩みを取り除いてしまうと、

子どもは、自分は努力をせず、相手を変えればいいという

思考になっていたかもしれません。

長い目で見ると不幸なことだと思います。

謝ってすむ失敗くらいいい!

授業が分かりにくければ、自分で補強すればいい!

会社では仕事を教えるのが下手な先輩もいるんですから(‘ω’)

自分でなんとかする努力も必要なんじゃないかと思います♪

指導力のあるベテラン先生も、若かりし頃はそうではなかったかもしれません。

将来素晴らしい先生になるかも知れない若い先生の芽を摘まないように、

多少のことは目をつぶろうと思いました。

あの有名な親野智可等氏、宮本哲也氏も学級運営がうまくいかず

悩んでいたそうですから・・・(^^)/

 

最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています♪

読んだよ!のしるしに押して頂けると励みになります♪

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

参考になるブログ記事が集まっています♪

☆学習のトラコミュ☆

小学生の家庭学習
子供を賢くする方法
お家でお勉強~ママが先生!
英語が話せるようになった勉強法
小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習・通信

☆子育てのトラコミュ☆

小学生
子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
小学生&幼稚園児のママ☆
育児

AD

ブログ新着記事一覧