「いい母プレッシャー」に気を付けよう(1)



 

いい母プレッシャーについてはこちら・・・

☆外部リンク→「まとめ・感想」NHKあさイチ女性リアルいい母プレッシャー

 

これまで、いくつか母親の育児ストレスに関する記事を書いてきました。

子どもに共感し、認めてあげることが大事だということは、

ほとんどの育児書に書かれています。

確かにその通りだと思います。

でも!

正論ほど悩んでいる人を苦しめることはありません(>_<)

 

正論では根本的な悩みは解決できません。

 

タバコは体に悪いからやめた方がいいよ

甘いものをやめたらダイエットできるよ

 

こうすればいいよ!って

良かれと思ってアドバイスをくれる人。

でも、悩める本人は

頭では正しいと分かっているのに実行できない・・・

自己嫌悪に陥ります。

 

そして、ストレスから暴力的になります。

 

自分に対して暴力的になると、自傷行為

子どもに対して暴力的になると、 虐待

財布に対して暴力的になると、無駄遣い

 

対人の場合、ストレスのはけ口は自分より弱い者になります。

 

子どもに暴力的になると、

密室で人の目がない場合、歯止めが効かなくなります。

 

精神的に弱いんだよ

母親本人にやる気がないんだよ

みんなしてることじゃないか

母親なら、して当然

 

子育て中の母親にはいろんな重圧がかかります。

 

サポートが得られたり、心身共に苦痛がない人なら

耐えられるでしょう。

 

 

例えば、風邪をひいて高熱があって動けない、

生理痛が酷すぎる、

子育てで睡眠不足、体力的にきつい、

抱っこで肩を痛めている、

育児を頼れる人がいない、

など、病気や怪我で身体的苦痛がある。

または、精神的苦痛がある。

そういうとき、正直言って子どもに共感、受容どころではありません(+_+)

 

脳は苦痛があると、

動物的な生存本能で、苦しいことに焦点を当てて防衛しようとします。

全神経が苦しみから逃れるように働きます。

子どもに気を配る余裕なんてありません。

 

ママも人間であり、動物です(^O^)

 

ママ自身のストレス対策をして、

ママ自身が幸せになり、

愛情タンクがいっぱいになって

自然と溢れた愛情が子どもに注がれる。

これが理想だと私は思います。

愛情タンクを満たすことにエネルギーを注ぐのが

良いと思います。

にほんブログ村 トラコミュ ストレス解消法へ
ストレス解消法
にほんブログ村 トラコミュ 子どもとのコミュニケーションへ
子どもとのコミュニケーション
にほんブログ村 トラコミュ ストレスマネジメントへ
ストレスマネジメント

他に良い喩が思いつかなくて恐縮ですが、

水虫になって腫れているときは、

まず抗生物質で、

腫れの原因となっている細菌をやっつけて腫れをとり、

腫れが引いてからカビの薬、抗真菌薬を使います。

 

機内放送では、酸素マスクは、子どもではなく、

親が先につけるようにアナウンスされます。

 

まずは母親自身の基盤を整え、安全を確保してから

子どものことを考える。

 

真面目で頑張り屋さんのママほど、

子どものために自分を犠牲にしてしまいます。

 

自己犠牲は、日本人の美徳とされがちですが、

子育ての場合はやめたほうがいいです。

 

ママ自身がストレスを抱えて愛情タンクが空っぽな状態で、

それでも、子どもに愛情を注ごうとしたらどうなるか?

・・・頑張ってもないものは注げないんです。

 

愛情を注いでいるつもりになることはできます。

 

あなたのことを思って 怒ってる

あなたのことを思って 心配している

あなたのことを思って ご飯を作っている

あなたのことを思って 優しい言葉をかけている

あなたのことを思って 離婚しない

あなたのことを思って やりたいことを我慢している

 

「あなたのことを思って」と、言葉にしなくても、子どもには伝わります。

 

大好きなママが自分のために犠牲になっている。

子どもにとってこんなに辛いことはありません(>_<)

 

 

一方ママは、

子どものために良いお母さんになろう!と

自分を奮い立たせて頑張り続ける。

 

その結果・・・

 

心が風邪をひいてしまう、つまり心の病になってしまいます(+_+)

心の病はなかなか手ごわいです(>_<)

愛情を注ぐどころか、身の回りの世話も出来なくなるかもしれません。

 

子どものために、怒らず、理想の育児を追及して、

頑張っていたママがいました。

子どもに共感し、愛情を注いでいるようでした。

どんなに悪いことをしても、声を荒げることなく、

冷静に諭すように話していました。

でも、ある日・・・

うつ病になってしまいました。

 

怒り、悲しみを解放せずにためこむと、うつ病になります。

 

こうなる前に、ママ自身のケアをしてください!

それが子どものためにもなります。

 

子どもって動物的感なのか、敏感なので、

小手先のテクニックで共感しても、優しく答えても、

するどく見破るようなんですよね(笑)

 

きっと「共感してあげている」

「あなたのためにしてあげている」みたいな、

上から目線になってしまってるんでしょうね。

 

私なんか、時間がないとか、こちらに余裕がないときなんか、

共感してあげてる感、アリアリ、バレバレだと思います^^;

 

子どもに共感や受容して優しい母を演じるよりは、

親が心の底から笑って楽しく接しているときの方が、

子どもはイキイキしています。

こちらに続きます →「いい母プレッシャー」に気を付けよう (2) 

 

☆おすすめ記事☆

ママが楽になり、自信と思いやりのある子供に育てる方法

「色眼鏡を外したら子どもが変わった!」知らず知らずのうちにかけてしまっている・・・(@_@;)

育児が辛くてたまらないときに出来ること

一番簡単な育児法かも?

「最後だとわかっていたなら」・・・子育て中のパパ、ママをはじめとする全ての方に・・・ 

♪おそすぎないうちに♪・・・時には育児法よりこんな曲が効きます(ハンカチの準備はいいですか?)

 

☆ダイソーで気に入っているもの

IMG_1406

にほんブログ村 トラコミュ 100円ショップ!ダイソー☆大創!へ
100円ショップ!ダイソー☆大創!
にほんブログ村 トラコミュ ♪100円・300円Shopで素敵なHappy Life♪へ
♪100円・300円Shopで素敵なHappy Life♪

可愛い柄のものもいくつか使いましたが、

薄っぺらくて、すぐに変形するんですよね~^^;

デザインにコストがかかるのかな?

やっぱり、 これが一番♪

汚れてきたら交換するので常に1つストックしてます☆

 

最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています♪

読んだよ!のしるしに押して頂けると励みになります♪

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

AD


ブログ新着記事一覧