もじ、かず ~ 小学校入学前にどこまで教えれば良いか(2)& 我が家の「もじ・かずグッズ」




 
 
こちらの記事の続きです→もじ、かず ~ 小学校入学前にどこまで教えれば良いか(1)

 

・・・・・・小学校入学前に、

もじ、かずを教えるデメリット・・・・・・・・・・・・

 

林成之氏の著書脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
によると、

脳神経細胞がもつ本能はたったの3つ

「知りたい」「生きたい」「仲間になりたい」

だそうです。

全ての子どもには、自分の意思で知りたい、やりたい欲求があります。

この欲求が強くなる時期が、俗にいうイヤイヤ期もしくは反抗期です。

親が嫌だからとか、嫌いだからそうなるのではなく、

大切な本能から起こることです☆

他人に教えられてできたことではこの欲求が満たされず、

達成感は生まれません。

 

自分の意思でやったことだから、嬉しいし、感動するのです。

 

乳幼児期に、「自分の意思でで知りたい、やりたい欲求」を

大切にして育てられると、

授業をわくわくしながら聞けるようになります。

 

一年生くらいの多くの子どもにとって、

45分間席について集中して授業をうけることは、

難易度が高いことだと思います。

 

さらに、自分がすでに知っていること、できることだと、

「自分の意思でで知りたい、やりたい欲求」が刺激されず、

座っているだけの授業が苦痛になります。

 

それでも、じっと席について集中して聞ける子もいます。

「知りたい、やりたい欲求」が強い子です。

この本能を失っていない子です。

 

もっと知りたい、もっとやりたいという気持ちが強いからこそ、

集中できるのです。

 

スタートをこんな風に切れた子どもは、

ずっと授業に集中できると思います。

授業は「もっと知りたい、やりたい欲求」を満たしてくれるからです。

 

もし、先取りで分かっていることばかりだったらどうなるでしょう!?

 

そんな欲求を満たしてくれない授業には興味がわかず、

授業を聞かないことが習慣化してしまう可能性が大いにあります。

長女の話ですが、先取り学習している子達は、

「ぼく、知ってるよ」「わたし、できるよ」とアピールがすごくて、

授業に集中しないことも多かったそうです。

授業が追い付いて先取り効果がなくなってもちゃんと聞けず、

いずれ勉強についていけなくなってしまうでしょう。

そうなると学校も楽しくなくなります。

そして、遅れを取り戻すために塾や通信教育に頼って、

余計なお金も時間を使うことになります。

もちろん、授業をちゃんと集中して聞かないので、

学校で過ごす時間も無駄になります。

小学校に入ってから楽になるために教えたことが、

とんでもない負担になります。

まだまだ書きたいことはあるのですが、

長くなりましたので、デメリットについてはここまでとします(^_^)/~
 
 
結果論になりますが、これまで長女を見てきて、

やっぱり必要以上に教えなくて正解だったと思います。

ちゃんと知らないからこそ、新しいことを学ぶのが本当に楽しいようで、

帰宅後は、どんなことを習ったかを目をキラキラさせて

マシンガンのように話してくれます(笑)

 

☆まとめ?☆

小学校入学前にすることは・・・

子どもが興味をもったことだけ教える。

もじ、かずの学習は、親が働きかけるのではなく、

子どもの意思でやる気になるまで待つ。

この程度で充分です♪

 

テレビ番組のCM前、映画などの予告、週刊誌の広告などのように、

ちょっとだけよ~(by志村けん。古いですか・・・)程度の知識を

生活の中で身につけるのがいいと思いますよ(*^。^*)

 

3歳で10回かかったことが、6歳なら1回でできたりしますからね☆

ピアノなど芸術関係なら早いうちがいいでしょうけど、

知的なことは遅い方が親子で楽だったりしますよ♪

じらした方が興味が湧いて、学習意欲がアップするかも!?

何事も教え過ぎは良くないです。

 

ここら辺で、ずぼらで気が利かない自分自身を擁護して

締めさせていただきますね(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆我が家のもじ、かずグッズ☆

 

☆何度でも練習できるシートひらがな・かたかな☆

ペンに水を含ませて文字をなぞります。

乾くと消えるので繰り返し使えます。

長女が、なぞり書きをしたいから点点で文字を書いて♪

と頻繁に言うようになったときに購入しました。

(長女が使ったのは旧バージョン)

難点は、うちの子の筆圧が高過ぎてペン先と用紙が

傷んだことと、

ずぼらな私は勝手にやらせていたので、

時々水をこぼされたことでしょうか(笑)

でも珍しがって楽しんでましたよ♪

 

マイクで歌える♪はじめてのパソコン大好き☆

長女3歳の誕生日プレゼントで戴きました。

文字を覚えると言うよりは、

長女を遊ばせて私が楽になる目的で使用していました(笑)

私は積極的に文字や数を教えるつもりがなく、

これで子どもと一緒に遊んだことがないので、

どの程度文字や数を覚えたかは不明ですが、

少しは文字や数の習得に影響したでしょうね。

喜んで遊んでましたよ♪

 

☆あいうえおのえほん☆

童話館ブッククラブの配本のひとつです。

IMG_1693

子どもは文字を記号として漠然と認識するといいます。

ひらがながページいっぱいに大きく書かれていて

視覚からもインプットされやすいでしょうね。

 

☆楽勉・百玉そろばん☆

IMG_1691

 

百玉そろばんはいろいろありますが、

楽勉シリーズに決めたポイントは

数字が書かれていることと、

大好きな親野智可等さんが考案されたこと(*^。^*)

IMG_1692
・・・文字盤に落書きがありますね(^_^;)

数の概念を視覚的に捉えることができます。

子どもが「3の次は何?」などと聞いてきたときに、

「4だよ」と言いながら右から左へ玉をひとつ移動させたり、

足し算、引き算、掛け算、引き算の説明するときに使用しました。

おはじきは集めたり扱いが面倒ですが

これは傾けるだけでゼロになるので、テンポよく説明できます。

あ、なんかすごく活用いているみたいなこと書いてますが、

やっぱり子どもが聞いてきたときしか使ってません(^_^;)

 

こうしてみると私が買った、もじ・かずグッズは、

何度でも練習できるシートと、百玉そろばんくらいですね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆参考になるブログが集まっています☆

悩みの解決策が見つかるかも知れません♪

にほんブログ村 トラコミュ 子育てお悩み応援団へ
子育てお悩み応援団

絵本は親子のコニュニケーションや文字に興味を持つための王道です♪

にほんブログ村 トラコミュ 絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学へ
絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学

最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています♪

読んだよ!のしるしに押して頂けると励みになります♪

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

AD


ブログ新着記事一覧