子どもも辛いよ

何年か前に新聞でこんな記事を読みました。

ざっと書くと、こんな感じでした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼い子どもはすごく制限された中で生きている。

自分で好きな場所へ行けない。

遊びたいときに遊びに行けない。

遊びたい友達と遊べない。

食べたいものを食べられない。

お茶のおかわりも親に頼まないと飲めないことがある。

大人なら、遊びに行く場所、時間、相手、食べ物、

趣味など、多少制約がある場合もあるが、

ある程度は自分で決められる。

実は、子どもはほとんど親の都合で生きている。

だから、少しくらい、子どもの言うとおりにしても、

わがままにはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 
 
 

長女が赤ちゃんの頃に読んで、

子どもも結構大変なんだな、と感じました。

 

日頃つい、忘れてしまうのですが、

思い出せたときは、制限を緩めるようにしています。

 

最近、マイブームの呪文

「これくらい、大したことない♪」

「だいじょうぶ、だいじょうぶ♪」

です。

 

躾は本来、子どもが幸せになるためにするものですが、

こう唱えるとワンクッションおくことで、自分の都合で叱ったり、

制限したりしていることに気付きます。

 

振り返ると、結構つまらないことで叱る、というより、

怒ってしまっているんですよね(^_^;)

 

子どもから成長の機会を奪わないように気をつけよう!

今日も自分に言い聞かせます(*^。^*)

 

☆関連記事☆

「○○しちゃだめ!」は○○したくなる魔法の言葉!?

一番簡単な育児法かも?

 「最後だとわかっていたなら」・・・子育て中のパパ、ママをはじめとする全ての方に・・・ 

♪おそすぎないうちに♪・・・時には育児法よりこんな曲が効きます(ハンカチの準備はいいですか?)

「みんな仲良くしよう」教育の弊害 & 子どもからストレスや悩みを横取りしない☆

子育て中のあらゆる悩みに活用できる「アドラー心理学」ーーー目からウロコが落ちるおススメ記事☆(注)長文です
 

 
最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています♪

読んだよ!のしるしに押して頂けると励みになります♪

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

AD


ブログ新着記事一覧