アインシュタイン式論理脳ドリル~楽しく脳を鍛える♪



うちの子供たちのブーム・・・

論理脳ドリル!

1

出典http://www.appdime.jp/2012/04/09/p-29808

 

ヒントをもとに表を埋めていきます。

論理的に考えていかないと解けないようになっています。

 

次女がしているのはこれ♪
シリーズ中で一番難しいそうです

 

買ってみたくなるタイトル♪

まだまだあります!

多すぎて紹介しきれません!!!

 

論理脳ドリルは、学校の教科書問題よりはかなり時間がかかります。

 

そのぶん、解けた時の達成感がすごいようで、

苦労した問題ほど、やり切った感がアップするようです。

達成感を味わいたいから、またやる。

薬物中毒のようです(笑)

小1次女は、例えば「○○のふたつ右」「○○のふたつ隣」の違いが

理解できなかったりするので、

ちょくちょく助け舟を求めてきます。

それでも自力で解けたと思っているのか「ヤッター!」と喜んでいます。

正解が目的ではないので勘違いオッケーです(笑)

 

 

小5長女のは大人向け?
わたし用に買ったものをいつの間にかやり始めました。

実際に使っているものは古すぎるため、類似品をご紹介させてください(;^_^A

「盛岡の旅費は18000円」「仙台の旅費は大阪の1.5倍」

「京都は津より2000円安い」みたいな金額が出てきて行き詰まりました(笑)

小5には難しいと思います(;^_^A

かと言って、子供向けは簡単すぎてつまらないそうです。

これまで手強いながらも何とか解き進めてきたので、

解けないのが本当に悔しかったようで、頭から怒りの湯気が出てました(笑)

それはもう不機嫌でした(/・ω・)/

寝る前に解いていたので、プンスカ状態で寝ましたが、

翌朝、「論理脳ドリルをしなかったら眠れない」と一言ぽつり(笑)

 

どんだけ中毒なんだ!

 

おかげで?学校の宿題で多少わからない問題が出てきても

冷静に考えるようになった気がします。

論理脳ドリルで考え続ける訓練になったのかも知れません。

本書の前書きに

「私は何か月でも、何年でもひたすら考える。

99回目までは答えは間違っている。100回目でようやく正しい結論にたどり着く」

~アルベルト・アインシュタイン

(本文より引用)

 

とあります。

深いですね~・・・

アインシュタインは解けた達成感をご褒美にして次々大発見を

していったんじゃないでしょうか。

 

うちの娘達は友達と遊ばないとストレスが溜まるようです(笑)

学習時間<<<友達との遊ぶ時間 です。

 

学習時間の確保が難しい場合は、

類似問題を多数解いて間違えないようにすることに時間を割くよりは、

楽しい難問を少し解くほうが、利点が多いんじゃないかなと思いました。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています♪

読んだよ!のしるしに押して頂けると励みになります♪

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

AD

参考になるブログ記事が集まっています♪

☆学習のトラコミュ☆

小学生の家庭学習
子供を賢くする方法
お家でお勉強~ママが先生!
英語が話せるようになった勉強法
小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習・通信

☆子育てのトラコミュ☆

小学生
子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
小学生&幼稚園児のママ☆
育児
ブログ新着記事一覧