AD


こんにちは♪

いつもお越しくださっている方も、初めてお越しくださった方も、

どうもありがとうございます(*^_^*)

 

幼稚園の家庭訪問で午前保育となり、お迎え時間が早い日が続いたり、

年度初めの保護者会や係決めなどで

在宅出来ない日が数日あったりして、

更新出来ずにいました。

 

午前保育の日は、午後から公園に行き、

時間差で小4の長女が帰宅するので、

バタバタです^^;

 

こんなペースの更新ですが、

お付き合いいただけると、嬉しいです(*^。^*)

 

 

子育てして驚いたことのひとつに、

「子どもは些細なことですぐに泣く」

ことがあります。

 

すぐに泣くのは分かっていましたが、

予想の1000倍くらいは・・・(笑)

 

それくらいで泣かなくてもいいじゃない・・・

お話できるようになったんだから、言葉で言ってよ・・・

分かったから、もう泣き止んでよ、ママも泣きたい・・・

いつまでも泣かれると、慰めるどころか嫌になる!

 

 

ほんと、泣かれるといろんな思い、感情が湧いてきますよね。

 

泣き声は、不快に感じる周波数になっているそうです。

 

それは、親に頼らないと生きていけないためだからとか。

 

不快な声で「何とかしよう!」と親に反応させるためだそうです。

 

聞きごこちの良い声だと、

うっとり~可愛い♪もっと泣いて~♪♪

と、なって放置してしまうかも(^_^;)

 

あえて、聞きたくない、何とかしたくなる声だから、

ママのアドレナリンが出て、「さあ、行くぞ!何事だい?」と

出動モードに切り替わるんでしょうね。

 

泣き声でイライラするのは、ママが優しくないとか、

ダメな母親だからではないんです!

 

不快な周波数のせいです、きっと(笑)

 

それと、ママの幼児期の経験の影響もあるようです。

 

叱られる、泣き止まそうとあやされる、無視、

どんな方法であっても、

泣くことを受け入れられずに育つと、

親になった時子どもの泣き声が不快になってしまいます。

 

私の場合は、無視された・・・というか、

昔は泣いても抱っこしない育児が主流だったそうです。

 

だから、第一子の泣き声が辛い時期がありました。

 

叱りはしませんでしたが、泣き声で悲しくなりました。

 

今は、「子どもはすぐに泣くものだ!」と分かっているので、

心が痛むことはなくなりましたが(*^_^*)

 

そこで、私なりに、子育てを通じて感じたこと、

学んだことを書いていきたいと思います(*^。^*)

 

 

☆☆☆子どもが泣いているときにしないほうがよいこと☆☆☆

 

●お菓子を与える

泣くとお菓子がもらえると思い、余計に泣く子になります

(お菓子が、泣いた行為に対するご褒美になってしまいます^^;)

 

●叱る

余計に泣きます(笑)

でも、叱り続けると、恐怖と諦めで泣き止むようになるかも?

 

●否定する

「痛いよー!」→「それくらい大丈夫!痛くない痛くない!」

と、子どもが感じていること、思いを否定すると、

ママは分かってくれない、と思うだけでなく、

辛いことに鈍感になるそうです。

 

●無視する

諦めてそのうち泣かなくなります。

 

●笑わせる

泣いている赤ちゃんを、いないいないばーとかで

笑わせて泣き止ませると、

将来「泣いてはいけない、笑わなきゃ」と思うようになります。

 

いずれの場合も、泣くことを我慢する経験が続くと、

泣きたかったときの気持ちが蓄積して、

何らかの形で吹き出すそうです(>_<)

 

長くなるので、説明はこの辺で・・・

 

 

では、泣いたらどうすればいいのでしょうか?

 

 

●共感する

痛いよー!     →  痛いね。

遊んでくれないよー →  遊んでくれないんだね。

これ買ってよー   →  買って欲しいんだね。

疲れたよー     →  疲れたね。

 

・・・と優しい穏やかな口調で子どもの言葉を短く繰り返すだけです。

分かってあげようと長く話す必要はないと思います。

 

例えば、「悲しいよ」に対して、「それは辛いね」と答えると、

「辛いんじゃなくて、悲しいんだよ」

となり、理解してもらえていないと感じます。

 

 

●よしよしする(抱っこ、そばにいる) 

ママの思いを伝えようと、長く話しても、

泣いている子どもには興奮してなかなか伝わらないようです。

 

私は口下手なので、言葉は少なめに、よしよしするだけにしています。

 

マニュアル通りに語りかけようとするとボロが出るし、

疲れるんです(笑)

 

慰めようとか、気持ちを代弁してあげようとかせず、

ただそばにいるだけですが、

泣きながらも気持ちを整理し、落ち着くようです。

 

慰めよう、解決してあげよう、と思って接すると、

「どうして泣き止まないの?」

「こうすればいいじゃない!」

「泣いてても解決しないんだから」

とか、こちらが泣き止やませようと頑張った分、

泣き止まない子どもにイライラしてきます。

 

 

●寄り添いつつ思考を逸らす 

泣き止ませようとせず、

よしよししながら、

あまりにも長いときは、私は別のことを考えていたりします(笑)

今日の晩御飯は何しようかな?

とか・・・

 

慰めようとして頑張ってイライラするよりは、

黙ってよしよししながら他の楽しいことを考えるのも

悪くないかも知れない♪と思います(*^_^*)

 

子どもを悲しみから救ってあげよう。

優しくしてあげよう。

愛情をたっぷりそそいであげないと・・・

 

良い母プレッシャーで、知らず知らずのうちに

ストレスがたまってしまいます。

 

ある本に書かれていたことですが・・・

 

相談者の「妻に愛情がなくなったがどうすればよいか」

との問いに、

「愛情ある行動をしなさい」と著者は答えます。

相談者「愛情がなくなったと言っているじゃないか」

すると、

著者は、

「愛情ある行動をするから愛情がわいてくるんです。

ゴミ捨て、食器を下げる、ねぎらいの言葉をかける、

何でもいい。あなたが愛情があると思える行動をしなさい。

そうすると愛情がわいてきます」

 

行動の結果、気持ちがついてくると本には書かれていました。

 

愛情があるから子どもを抱きしめるのではなく、

子どもを抱きしめるから愛情が湧いてくるんだと思います。

 

なので、

別のことを考えながら、子どもを愛情深く抱きしめても

大丈夫だと、うちの子ども達を見ていて思っています(*^。^*)

 

それくらいの手抜きはOKだと思います(*^^)v

 

あえてプチ悪い母になってみる(笑)

 

こんな些細なことでもストレスは減ると思います。

 

話がそれました・・・m(__)mm(__)m

 

育児はヘルプではなくサポートが良い

とよく聞きますが、

泣いているときの慰めはヘルプだと思います。

 

いろいろアドバイスしたくなるのですが、

子ども自身どうすれば良いか、分かっていることが多いと

思います。

 

話しかければ話しかけるほど泣いたりします^^;

 

泣き止んで落ち着いているときに、

「さっきはどうすれば良かったと思う?」

「どうしたかったの?」

と、よく聞いてみるんですが、

結構まともな答えが返ってきて驚くことがしばしば(*^_^*)

 

本当は本人も分かっているけど、

感情が勝ってしまって泣いているようです。

 

長々と思いつくままに書いてしまいましたが、

私なりの結論は・・・

 

☆泣いているときはアドバイスはやめよう!

 

☆寄り添いながらママは楽しいことを考えよう(笑)

 

☆口下手な人の共感メッセージは、

 ○○したかったんだね。嫌だったね。のように、

 軽く繰り返すだけで十分。

 

☆泣き止ませようとすると、こちらもイライラするので、

あれこれ言おうと考えずに、ただ寄り添うだけでOK。

 

☆「そのうち泣き止むさ」と気長に構えていると、

イライラが減ります(笑)

 

※赤ちゃんの頃は、可能な限り泣かれて困る場所を

※避けていました。

※やむを得ずそういう場所に行ったときは、

※泣いたときに席を外していました。

※抱っこ紐だと大人しくなる場合が多かったので、

※よく使っていました。

※新幹線は多目的ルームのそばの席に座り、

※泣いたらそこへ避難していました。

 

 

私の場合は、こんな感じで乗り切ってきました。

言葉掛けを断捨離して、シンプルにすると、

かなり楽になると思います(*^_^*)

 

楽になると、泣かれても落ち着いて対応できます。

 

最後に、ある本で読んだ内容を簡単に書きますね♪

 

4,5歳くらいの女の子が転んだのに泣きませんでした。

ところが、しばらくしてママを見つけた途端に

激しく泣き始めました。

さっきはどうして泣かなかったのか尋ねたところ

「だってママが見てなかったんだもん」

と答えました。

 

 

・・・ということです。

 

子どもは上手に涙をあやつっているそうですよ!

俳優並みです(笑)

 

泣いていることと、心身のダメージの深さは関係ないので、

(パフォーマンス泣きだな?)と気付いても、

とりあえず「そっか~、よしよし」とだけしておけば、

早く泣き止むような気がします。

 

私の方法が正しいとは言い切れませんが、

私の手抜き育児ブログが、

ほんの少しでもお役に立てると嬉しいです(*^_^*)

 

参考になるブログ記事が集まっています♪

☆学習のトラコミュ☆

小学生の家庭学習
子供を賢くする方法
お家でお勉強~ママが先生!
英語が話せるようになった勉強法
小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習・通信

☆子育てのトラコミュ☆

小学生
子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
小学生&幼稚園児のママ☆
育児

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています♪

応援に下のバナーを押して投票して頂けると励みになります(*^_^*)

投票後はランキングページに移動します♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

AD

ブログ新着記事一覧